プラセンタの作用について

プラセンタとは英語読みで胎盤のことをさします。体にはなくてはならない大切な栄養素など、多くのものを胎児に送り込むために大切な役割を果しています。プラセンタには人に必要な3大栄養素の「たんぱく質」「脂質」「糖質」にミネラルやビタミンを含めた「5大栄養素」さらには各種アミノ酸、活性ペプチド、核酸、酵素、各種グロスファクター(成長因子)に加えて、多くの栄養素が含まれています。

 

胎盤は人以外の哺乳類は産後の疲労回復のために、自らの胎盤を食べる習性があるのですが、胎盤を食べる人はまずいないと思いますが、古くから漢方薬として摂り入れたり医療にも活用されています。近頃では化粧品やサプリメントまたはドリンクなどに配合されることもあり、プラセンタ注射といった美容法がまでもが存在しています。

 

グロスファクター(成長因子)について

 

グロスファクター(成長因子) には、細胞を増殖させたり分化を促すことで、新陳代謝を活発にする働きをします。しかも、グロスファクター(成長因子) とアンチエイジング(若返り)については密接な関わりがあると言われております。

 

母親からグロスファクター(成長因子) を引き継ぐことで、だいたい20代前半位まで成長するのですが、その後はグロスファクター(成長因子) が減少することによって、50代では20代から比べて約半分にまで減少すると言われています。

 

どうして、馬プラセンタがおすすめされるのか?

 

プラセンタの種類については狂牛病と関係が深く、厚生労働省から牛や羊といった反芻動物の胎盤をプラセンタの原料に使ってはいけないと通達されて以来、健康食品として流通しているプラセンタは、豚由来と馬由来の2種類のみとされています。

 

豚由来のプラセンタには化粧品や健康食品として一般的に使用されており、流通量が一番多いプラセンタとも言われています。近頃、SPF豚など、厳格な管理のもとで飼育された豚のプラセンタまでもが流通しているようです。

 

馬由来のプラセンタはこのところ注目されているプラセンタでもあります。牛や豚より高い体温である馬には寄生虫などが住みついてしまう心配が低いことや馬肉が生で食べることが可能な事からもわかるように、非常に安全と言われています。さらには豚と比較しても、アミノ酸の含有量が多いと言われています。

 

国内初のクッキリサプリ【朝のルテイン&プラセンタ】

おすすめ