ルテインとは?

強い抗酸化作用が期待できるカロテノイドのひとつで、ほうれん草やブロッコリー等の緑黄色野菜に多く含まれる成分となっており、人の体内や皮膚等にも存在します。

 

その中においても瞳の水晶体と黄斑部における必要なカロテノイドはルテインとゼアキサンチンなので、これらの要素が正常に働くことで役割りを担っていることになります。

 

外部からの光を受けるレンズの働きをしている水晶体においては丁度、まうしろくらいの網膜の中心部にある黄斑部には視覚機能にとても大切な役割をはたしています。

 

この部分にはカロテノイドの中で、ルテイン、ゼアキサンチン以外には存在していないといえます。ルテイン、ゼアキサンチンが光による酸化ダメージより水晶体と黄斑部を守っているという事になります。

 

もし、水晶体と黄斑部にルテイン、ゼアキサンチンが不足してしまうと?

 

水晶体については白内障、黄斑部だったら加齢黄斑変性症(AMD)に始まる眼病リスクに繋がるケースが認められています。白内障や加齢黄斑変性症(AMD)は、加齢に伴って起きる症状と考えられてきたのですが、最近 では若い世代でも起こりうる症状となっているようです。

 

生活環境の影響により、栄養のバランスが取れていない食生活、光の曝露量の多発やストレスにより世代とは関係なくに目に及ぶリスクが多くなると言えます。

 

ルテインの抗酸化作用について

 

瞳は体内で最も活性酸素の被害を受け易い場所といわれています。また、瞳がまぶたを開けている間、必ず多彩な光が入り込んできますよね。このような光の中にある青色光と紫外線が、活性酸素を発生させる原因となっています。

 

瞳は常に活性酸素の害を受けているわけですが、ルテインは強力な抗酸化剤として瞳を活性酸素の被害から守っているというわけです。

 

人が物を見るとき、光は角膜、前房、水晶体、硝子体を通じて、網膜黄斑部で光を感じているのですが、こういった黄斑部と水晶体にルテインが集中することで、水晶体のルテインは青色光を吸収するフィルターとして働くことにより、黄斑部のルテインが網膜上で発生する活性酸素の被害から守ってくれるといわれています。

 

黄斑部にはルテインとゼアキサンチンという成分以外は含まれておらず、ルテインが減少することにより、太陽光線に影響を受け視力の低下や瞳の病気を招いてしまうかもしれません。

 

現代の研究により「水晶体・黄斑部」のルテイン量が減少することで、白内障・加齢黄斑変性(AMD)といった眼病の原因にもなっているのです。

 

ルテインの種類について

 

ルテインのサプリメントとして市場で販売されているものを大きく2つに分けると「フリー体ルテイン」を使用したルテイン サプリメントと「ルテインエステル」を使用したルテイン サプリメントになります。

 

「フリー体ルテイン」と「ルテインエステル」の大きく違うところはその吸収率に差があるところになります。

 

「フリー体ルテイン」には人体の中にある物と同一のルテインとなるため、そのまま体内に吸収されていきます。

 

「ルテインエステル」は「フリー体ルテイン」に「脂肪酸」がエステル結合したもので、マリーゴールドより抽出された未精製のルテインになります。

 

未精製なので、原料的にも安価で、人体に入ってもそのまま吸収されることはありません。したがって、取り込まれた「ルテインエステル」は体内で消化酵素の力を借りて、脂肪酸が取り除かれることにより、フリー体ルテインだけが吸収されることになります。

 

ルテインを含む食品

 

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれ、特にケールやほうれん草に多く含有されています。

 

ルテインの必要摂取量

 

1日のルテイン摂取量は、6mgと言われています。

 

ルテインを効率よく、しかも手軽に摂り入れたいのであれば、やはり、サプリメントがおすすめです。 

 

【朝のルテイン&プラセンタ】

おすすめ